読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるぐる蟹

通りすがりの蟹が、ぐるぐる語ります

本性がバレる

蟹の日常

最近、魔法がかかったのか…とけたのかわからないけど、突如として本性がバレる人が沢山いるような気がしています。

 

f:id:kanikanikanikani:20170313211242p:image

 

これはもしかしたら、実は本性が隠せない時代が来ているのだけど、今まで嘘で塗り固めていた人のメッキが剥がれおちてしまって、そのことが目立っているだけなのかもしれないけど。

 

言ってることと、現状がチグハグ。

 

言ってることとやってる事がチグハグ。

 

過去に言ったことと、今言ってることがチグハグ。

 

そんな方に特徴的だなと思うのが、

 

"悟りました"

 

"解りました"

 

と、言うんですよね。

 

f:id:kanikanikanikani:20170313211417j:image

 

未来の我が身のために、ちゃんと見ておこうと思います。

 

自分を認めず、自分を敬わず、自分に嘘をつくと何を悟るのかな。

 

もう1つ、その様なチグハグな方にも同意して側に行く方も居るんですよね。

 

これはとても気をつけようと思います。

 

周囲が共感してくれたとしても、それが正しいかどうかはまた別なんだなと言うことですよね。

 

失敗するにしても、自分を裏切らないやり方で痛い目を見たいと思います。

 

人の真実が、ちゃんとバレるいい時代が来たんですね。

 

 

お金ってショボいよね

蟹の日常

感情や思念が"物質"と同じ量子だと言うことが言われる様になってきています。

 

素人考えでは「そりゃそうだろ」と思うが、形ないものや目に見えないものや曖昧なものに、人間はめっぽう弱くて、目をそらしてきたようにも見えてしまう。

 

概念として持っていない感じ…とでも言いますか、思い込みが過ぎると言おうか。

 

"心"がはっきりとこう言う物です!と言い切られるのを望んでいない感じがする。

 

全ての物質のことをエネルギーと呼び換えるとすると、どうやら物質同士は等価交換ではないらしいと言うことを感じてしまう。

 

よく、愛はお金で買えない、とか、

 

その経験はプライスレス、なんていう言い方をする。

 

価値を表すのに"お金"が登場するけれど、お金と言うのは、物凄く控えめな換算方法だなと思っていて…

 

もっとはっきり言えば、お金って最もショボいエネルギーじゃないのか??と思っている。

 

もちろん、便利なシステムだと思ってます。

 

お金が生まれた背景が、物と物とを交換するために発生したのなら仕方のないことではあるけどね。

 

でも現在は、あらゆる行動や、思考なんかもお金で支払いをするから、その辺りは全くチグハグじゃないかなと思う。

 

サービスに対して。

 

技術に対して。

 

アイディアに対して。

 

この辺りだけを考えても、お野菜やお洋服を交換するのとはそもそも違うわけで、一体どういう物差しで価格が決まっているのかなんて、あやふやに決まってるよね。

 

誰でも、何にでも、価格を設定さえすれば、そういう事でやってはいけるでしょう。

 

ただ、考え方をお金から逆算すると、最も価値が小さいものとして提供してしまう可能性があるんだよね。

 

私が何かサービスを提供するとして、1回10万円じゃちょっと高いかもね、そんなに払う人いないんじゃない?じゃあ1万円ならありかもね…こんなアプローチをしがちです。

 

お金は物と物を交換する時の、物の代替品ですよね。

基本的に、お金そのものに価値はないのです。

そのお金の単位から、物事を図ろうとすれば、適正な価格でないのは明白です。

 

私の提供するサービスは、1万円分の価値があるよ!だから1万円です!

と言うのと、全く意味が違うのです。

 

物以外のものを受け取った時に、どれ程の価値を見出すかは受け取った人なわけだからね。

 

自分で事業をしている方は、特に自分をしっかりと尊敬してお仕事していただきたいと思います。

 

それ相応の事業と客層になることでしょうから。

 

お金から換算して幸せを図る方の事業では、同じ様な方か、お金のない方ばかりが集まるでしょうね。

 

年商や年収で幸福を買えるかのような宣伝をすれば、価値のわからない人に集合をかけているようなものでしょう。

 

何か行動するとき、お金以外と引き換えにする方が圧倒的に豊かだと言う事に、時代が気づいている感じがしますよね。

 

その事を知っている人は、真に豊かな人生を丁寧に送っていると思います。

 

真に豊かな人生と言うのは、一人一人違って当たり前ですから、それを尊重しあえる幸せと言うのもいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

アナ雪を見て"支配"について考えた

テレビでアナ雪を放映してたので最初と最後のあたりだけチラ見しました。

 

劇場で観た時は、薄っぺらいストーリーじゃないか??なんて思いました。

 

しかし、自分が薄っぺらいだけだったのかも。

 

中々に考えたり拾ったりするポイントがありました。

 

特に"支配"について、とてもクリアに感じました。

 

f:id:kanikanikanikani:20170304233359j:image

 

エルサは自分の能力に支配されていたわけですが、最後には支配する側にまわったわけです。

 

私たちは何かと支配に傷ついたり、悩んだり、立ち向かったりしますが、実は支配しているのは自分そのものなんですよね。

 

だから、自分の目の前で起こるヘンテコな事柄も、自身の支配下なわけです。

 

それに気がつくだけで、ヘンテコがもたらす結末がどんなに意外であっても、結末は自分自身の血肉になるんです。

 

f:id:kanikanikanikani:20170304233416j:image

 

人生の支配者は自分。

 

目の前の出来事の支配者も自分。

 

世界中の知らない人や場所や出来事の支配者だって、自分なのよね。

学びにお出かけ♪迷子注意♪

蟹の日常

私は新しい事、まだ知らない事を知るのが好きです。

 

学びはとても楽しい事だと思っています。

 

 

でもとても危うい事だなとも思います。

 

f:id:kanikanikanikani:20170226233543p:image

 

 

感情が動くということは、本来の自分自身からズレている状態だとも言えます。

 

本来の自分自身というのが、体や心の真ん中だとすると、刺激を求めたり得たりしているときにはお出かけしている…とでも言いますかね。

 

人は何かを新たに得た時、今までとは違う自分になれたような気になることがあります。

 

しかし真実は、何かを得た状態の自分なだけです。

 

自分は自分のままです。

 

当たり前ですけどね。

 

そういった"勘違い"を放っておくと、せっかく学んだにもかかわらず、人生迷子になってしまいます。

 

まだ学びが足りないのか…

 

今の自分じゃダメなんだ…

 

なんてね。

 

f:id:kanikanikanikani:20170226233246j:image

 

学んでワクワクした後は、ど真ん中の自分に帰ってきてね。

 

学んでも、学ばなくても、貴方は貴方です。

 

何かしてもしなくても、ダメでもなんでもありません。

 

学ぶことは"良いこと"でも"凄いこと"でもありません。

 

ただの学びですから。

 

学びを勘違いして戻ってこられなくなったら勿体無いですよね。

 

せっかくの学びですから。

 

 

 

 

 

 

コンテンツをお金にしたくない病

蟹の日常

常日頃私が考えていること、

 

やりたい事、

 

私の脳内にある雑学や知識、

 

そう言うのを売り物にしたくありません。笑

 

時代に逆行してるのかもしれませんが、そう言うのどうしてもしっくり来ないんです。

 

f:id:kanikanikanikani:20170225235831j:image

 

だからと言って、誰かに貢献したくない訳じゃないんです。

 

ご縁があって、たまたまタイミングが合うことがあれば、伝えたり教えたりします。

 

カフェでも居酒屋でも、なんならうちに立ち寄ってくだされば!

 

そう言うのが私の原風景なんです。

 

最近痛感してます。

 

通りすがりに家を訪ねてくれて、お茶でも飲みながら近況や時には悩みを話したり。

 

私の知識でよければ伝えるし、手伝うし、誰か紹介したりするし。

 

お節介なら言ってくれれば凹んでやめるし。

 

どうぞ、必要な時に思いつきましたらご連絡ください。

 

生活が普通に出来てれば、それ以上は別にいいです。

 

丁寧に暮らしたいなとは思うけど、

 

生活自体にも縛られたくないかな。

 

これまでの人生の中で集めたものを、

 

お婆ちゃんの知恵袋みたいな感じで、誰かの小さなお役に立てたら嬉しいです。

 

コンテンツをお金にするとか無理

 

面倒

 

お金のせいで聞けない事とかあったら泣く

 

どうぞ私をご利用下さい。

 

そんな風に生きていけたら最高( ˙灬˙ )

 

 

 

 

 

 

 

違和感は大事

大抵のことは許容範囲で、どうでもいいなと思う。

 

だけど"違和感"は大切にしたいな、とここのところ強く思ってる。

 

f:id:kanikanikanikani:20170225231920j:image

 

特に人間に対する違和感は、良くも悪くも当たる。

 

肩書きや、ご立派な建て前に対して、目の前のその人はどうか。

 

堂々とされると、言ってることとやってることが違ってても、ちょっとひるむ!!w

 

なんかおかしいと思ってるのに、その人の言う方が本当なんじゃないかって迷子になっちゃう。

 

何よりも信用信頼を寄せるべき自分の違和感を、必死に打ち消そうとしてしまうのは、自分に対する尊敬が足りなくて申し訳ないと思う!

 

たとえ自分に利益が生まれなくても、むしろ不利益になったとしても、自分に対する信頼は捨てたくない。

 

違和感は時間が経てば経つほど 腐敗する。

 

熟成でも発酵でもなく腐敗だから、一部を取り除いても無駄。

 

尊敬はできないから、感謝してさよならするのがいい。

 

しがらみシステムとも、さよなら。