読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるぐる蟹

通りすがりの蟹が、ぐるぐる語ります

お金ってショボいよね

感情や思念が"物質"と同じ量子だと言うことが言われる様になってきています。

 

素人考えでは「そりゃそうだろ」と思うが、形ないものや目に見えないものや曖昧なものに、人間はめっぽう弱くて、目をそらしてきたようにも見えてしまう。

 

概念として持っていない感じ…とでも言いますか、思い込みが過ぎると言おうか。

 

"心"がはっきりとこう言う物です!と言い切られるのを望んでいない感じがする。

 

全ての物質のことをエネルギーと呼び換えるとすると、どうやら物質同士は等価交換ではないらしいと言うことを感じてしまう。

 

よく、愛はお金で買えない、とか、

 

その経験はプライスレス、なんていう言い方をする。

 

価値を表すのに"お金"が登場するけれど、お金と言うのは、物凄く控えめな換算方法だなと思っていて…

 

もっとはっきり言えば、お金って最もショボいエネルギーじゃないのか??と思っている。

 

もちろん、便利なシステムだと思ってます。

 

お金が生まれた背景が、物と物とを交換するために発生したのなら仕方のないことではあるけどね。

 

でも現在は、あらゆる行動や、思考なんかもお金で支払いをするから、その辺りは全くチグハグじゃないかなと思う。

 

サービスに対して。

 

技術に対して。

 

アイディアに対して。

 

この辺りだけを考えても、お野菜やお洋服を交換するのとはそもそも違うわけで、一体どういう物差しで価格が決まっているのかなんて、あやふやに決まってるよね。

 

誰でも、何にでも、価格を設定さえすれば、そういう事でやってはいけるでしょう。

 

ただ、考え方をお金から逆算すると、最も価値が小さいものとして提供してしまう可能性があるんだよね。

 

私が何かサービスを提供するとして、1回10万円じゃちょっと高いかもね、そんなに払う人いないんじゃない?じゃあ1万円ならありかもね…こんなアプローチをしがちです。

 

お金は物と物を交換する時の、物の代替品ですよね。

基本的に、お金そのものに価値はないのです。

そのお金の単位から、物事を図ろうとすれば、適正な価格でないのは明白です。

 

私の提供するサービスは、1万円分の価値があるよ!だから1万円です!

と言うのと、全く意味が違うのです。

 

物以外のものを受け取った時に、どれ程の価値を見出すかは受け取った人なわけだからね。

 

自分で事業をしている方は、特に自分をしっかりと尊敬してお仕事していただきたいと思います。

 

それ相応の事業と客層になることでしょうから。

 

お金から換算して幸せを図る方の事業では、同じ様な方か、お金のない方ばかりが集まるでしょうね。

 

年商や年収で幸福を買えるかのような宣伝をすれば、価値のわからない人に集合をかけているようなものでしょう。

 

何か行動するとき、お金以外と引き換えにする方が圧倒的に豊かだと言う事に、時代が気づいている感じがしますよね。

 

その事を知っている人は、真に豊かな人生を丁寧に送っていると思います。

 

真に豊かな人生と言うのは、一人一人違って当たり前ですから、それを尊重しあえる幸せと言うのもいいですね。