読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるぐる蟹

通りすがりの蟹が、ぐるぐる語ります

ダブルバインドの本当の恐怖

ダブルバインドとは、

 

対象者に、命令とそれに矛盾するメタレベルの命令が提示されて、

対象者がその矛盾を解消できないような状況。

 

f:id:kanikanikanikani:20170422213919j:image

 

説明すれば、難しくてよくわからなくなるこの言葉も、日常にあふれてる。

 

ダブルバインドの本当の怖さは、前向きに何かを学ぼうとして行動した人にもやってくるから。

 

例えば今より何かを学んで良くなろうと思って学びの場に行ったとする。

 

そこで師が言う。

 

こう言う風にするのはダメだよ。

 

これが良いよ、正解だよ。

 

疑う事なくメモを取り、実行しようとするだろうね。

 

そうか、これがダメだったのか!だから自分は…などと反省しちゃったりして。

 

そうするのが正解なのか!自分はしてなかった!やらなくちゃ!!

 

何か1つ達成したら、成功体験!!とか言って喜んで見たりして。

 

でも人はなかなか変化することが難しいもので、できない時もある。

 

やったらいいって思ってるのに…

 

やろう、やろう、できない、できなかった…

 

前向きなはずの学びで疲れさえ感じたりしてしまう。

 

f:id:kanikanikanikani:20170422213940g:image

 

 

 

教えの最後の方、クライマックスあたりかな。

 

その頃に、師が言う。

 

人になんと言われようと、自分で考えなくちゃダメなんだよ。

 

あれ?

 

え?

 

混乱してしまう。

 

答えが見えなくなる。

 

学ぼうと思ってた頃の自分より、知識は増えたような気がするからきっと無駄じゃないんだと思いたい。

 

だけどあの頃より私は"良い自分"になれただろうか。

 

お金だってすごく払ったし、知り合いだって増えたし、良かったに決まってる。

 

そうだよ、だから…

 

学んだことを実践していけば何かが変わるに違いない!

 

 

いいことを聞いたんだし、わかったような気がすることもあるから教えてあげよう!!

 

完璧じゃなくてもシェアして、みんなで"良く"なろう!

 

 

だけどまだ何か足りない感じがする…

 

もう少し学んだら手が届きそうな気がするんだよね…

 

一生勉強って言うしね。

 

学ばなくなったら人は終わりとも聞いたことあるし。

 

f:id:kanikanikanikani:20170422214703p:image

 

 

 

拘束され続けてそこに居れば、何も気がつかないで居られる。

 

自分で考えることは怖いし、できるかわからないから。

 

指示があった方が断然楽だし…

 

f:id:kanikanikanikani:20170422213859j:image

 

 

そうやって、ネズミ講式に不安がばらまかれていく。

 

良くある話で、もしかしたら自分も関わってしまうお話。